忍者ブログ
初見の方は「カテゴリーについて」から見ていただけるとありがたいです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うつな人さんに売ってもらった多数の微妙なカードの整理も終わり、地元で買い取りに出すまでの作業も今日で終わって今回はその結果報告でもと思いまして。

では結果のほうを



地元の店その1
買取価格が高い、状態査定が厳しい 

の理由から一番最初に、ここでは1番見てもらうカードの量が多い事もあって夜の8時半頃に持っていったんだけどそれが失敗で、店員さんが査定の仕方をよく知らない&途中で見る人が変わるなどの問題のせいでミスが多発して後の人におかしい部分をもう1度全部見てもらうことに。
大変な迷惑をかけたかいもあり買取のレシートが3メートル以上、買取書23枚と言う大記録を持って買い取りが終了。

ここでの買い取り金額 ¥12500円(10桁以下切捨て)
買取できなかった分とやめたぶんを残してあと約5分の2



地元の店その2(前半)
買取価格がたまに高い&スーパーデッキのカードにも値段が付く(さっきの店ではノーマル扱い)、状態査定が見る人によって変動が激しい

の理由から2番目に枚数がそこそこあるものの1時間30分ぐらいなので店で物色して待つ、メインが古本屋と言うのもあり暇つぶしには困らない。

前半の買い取り金額 ¥8900円(ry
前半なのは店員さんによって査定に差がありすぎるため


後半
翌日の違う時間帯にもう一度持って行って見てもらった(同じ人なら即帰るまであった)

後半の買い取り金額 ¥1200円

残り約10分の1



地元の店その3
買い取り価格 スーパー個別・ベリー枚10・プロモ枚5・傷枚1・その他、状態査定は若干甘め

の理由から残りカスの処分のために最後に、ちなみに買い取り価格は変動が激しいためよく分からない

ここでの買い取り金額 ¥500円


残り枚数 


計 ¥23000~24000円   


買った金額が6000円なのでプラス17000円以上
他にも自分の使いそうなカードやらなにやらは売ってないのでそれもプラスに含めると凄まじいアドを稼いだ事になりました。

本当にありがとうございました!














PR
DMの公式HPにサイキッククリーチャーの覚醒に関する裁定が上がってるという情報を見つけたので早速見てみた。

見てみたところ「覚醒タイミング中に覚醒条件を満たしたら覚醒できます」ってことが書いてあったけど個人的に気になってた「【覚醒】はトリガー効果か常在効果か」ってことはわからなかったから事務局に聞いてきた。


Q、【覚醒】はトリガー効果ですか?常在効果ですか?
A、分類としては決められてませんが処理はトリガー効果と同じになります。

つまり【覚醒】は順番を保留に出来ると言う事。


Q、ターンの初めに【時空の探検家ジョン】がいます。このターンクリーチャーは出してません。【ジョン】の【覚醒】はトリガーしますか?
A、【覚醒】はタイミングがきたらチェックのために毎回トリガーします。

つまり【覚醒】のタイミングになったら条件を満たしているかは関係無しにトリガーだけすると言う事。



まとめると【覚醒】は以下の順序で行う
1: 【覚醒】を含めた同タイミングでの効果がすべてトリガー
2: 上でトリガーしたものを好きな順番で処理(【覚醒】を含む)
3: 【覚醒】を処理(ここまでに条件を満たしていれば覚醒可能)


時空の英雄アンタッチャブル】と【時空の探検家ジョン】などの場合

ターンの終わりに2体の【覚醒】がトリガーするので、先に【ジョン】の【覚醒】を解決して裏返す事で【アンタッチャブル】の【覚醒】を解決するまでに条件を満たしているので【アンタッチャブル】を裏返す事が可能。



頭をひねってこんな事も聞いてみた。

以下公式HPより転載

ターンのはじめに、《時空の雷龍チャクラ》《ベノムカプセル》が2体とも自身のバトルゾーンに居るとします。
《ベノムカプセル》の「ターンのはじめに~」という効果を処理し、自分のシールドが相手以上になった場合、これにより《時空の雷龍チャクラ》の「ターンのはじめに~」という覚醒条件が満たされ、そのあと《時空の雷龍チャクラ》は覚醒することが出来ます。
どちらも同じターンのはじめに能力を解決する事ができます。

また、下記のような場合は、効果が発生しません。

《貴星虫ヤタイズナ》が自身のバトルゾーンにあり、自分のターンのはじめになったので《貴星虫ヤタイズナ》の効果により墓地から《超神龍スカイ・ガルーダ》をバトルゾーンに出しました。《超神龍スカイ・ガルーダ》は「自分のターンのはじめに~」という能力を 持っていますがこのタイミングでその能力を使う事はできません。なぜならば、ターンのはじめに発生する能力は、ターンのはじめにバトルゾーンに居るクリーチャーしか使う事が出来ないからです。

以上

↑の文をよく読んでみると矛盾している事がわかる。

【チャクラ】と【ベノムカプセル】について場を想定するとこうなる
相手シールド5  自分シールド4
【ベノムカプセル】の効果解決→ 相手・自分シールド4
シールドの枚数が同じなので【チャクラ】が【覚醒】。


と言う事だが【チャクラ】のテキストをよく見て欲しい。【チャクラ】の【覚醒】の効果は【ホーリーフィールド】によるもので【チャクラ】自身が初めから持っているものではないということ。
つまり上の場では【チャクラ】は【ホーリーフィールド】の条件を満たしてないので【覚醒】の効果自体を持っていないことになる。
前述した通り【覚醒】は【トリガー効果】と同じで処理を選べるものでありトリガーしていない場合は処理を選ぶ候補に挙がらないので覚醒は出来ない。用に思われるが、その事について質問してみた所

「HPの方にも載せてしまいましたのでとりあえずは「覚醒できる」ということでお願いします。一応こちらの方でも問い合わせてみます」

との回答が来た。
まあ、こんな状況まず作らないからあまり関係無いけどね。



とりあえずルール上わかりにくかった部分を自分なりにわかりやすくしたつもり。

訳:事務局の人を困らせてきたw


【1枚で複数のカードを移動させるカードについて】

いろいろ聞いた結果「~につき、~」ってカードはカードに書かれている枚数ずつ処理します。
例【ハイドロハリケーン】
テキストに「闇のクリーチャー1体につき、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい」とあるので「1体選んで手札に戻す」を闇のクリーチャーの数だけ繰り返します。

【オルゼキア】などの「〇枚選び」と書いてあるカードは指定枚数選んでから処理します。
例【オルゼキア】
テキストに「相手は自分自身のクリーチャーを2体選び、破壊する。」と書いてあるので2体選んでから破壊します。


【〇ブレイカーの発動タイミング】
アタック中の【ブロックされなかった時】のタイミングが終わったタイミングです。


【1体のクリーチャーが複数〇ブレイカー能力を持ってる場合の処理】
同じく【ブロックされなかった時】が終わったタイミングにどれを使うか決めます。それまで相手に「〇ブレイカーを使います」と言う必要はありません。


【アタック中のクリーチャーから〇ブレイカー能力が失われた場合の処理】

【ブロックされなかった時】のタイミングが終わるまでに【Wブレイカー】等が全て無くなった場合1枚のブレイクになります。1つでも残ってるなら残ってるものを使います。
(解除持ちのサイキッククリーチャー、及び【パワードスタリオン】などのパワー変動による【Wブレイカー】付加効果とアタック中のパワー変動効果で発生します)
例【ボルシャックメビウス】がアタック中に解除→【火焔ボルシャック】=Wブレイカー
例2【グレートチャクラ】がアタック中に解除→【チャクラ】=1枚ブレイク


【マーシャルタッチのクリーチャーを戻せない場合について】(公式HPより)
【サラマンダーリザード】の回答と矛盾するため審議中

【そうした場合、と書かれているカードの処理】
そうしたという行為を行えば良い

【同じタイミングで複数の効果が発動した場合の処理】

いきなり例から
例【黒月オリジナルハート要塞化中マッドロマノフがアタック】
【誤】  【オリジナルハート】発動、【マッドロマノフ】発動、先に【オリジナルハート】を使います。と宣言。
【正】  【オリジナルハート】効果~効果終わり、【マッドロマノフ】の効果使います

【誤】の例は最初にどれの効果を使うかを全て宣言してから何を最初に使うかを言ってます。
【正】の例は【マッドロマノフ】の効果を使うか使わないかの宣言をする前に【オリジナルハート】の効果を使ってます。
つまり複数の効果が同時に発動した場合「どれを使ってどれを使わない」というのを最初に宣言する必要はありません。


【ラストルの効果について】
(回答が単純なものは短いです)
後から公式HP見てみたらいくつか回答がありました。
あったもの
【複数の手札を1度に捨てる効果をラストルで全部止めれるか】→後述
【相手が捨てる手札を選んでから効果を使うか使わないか決めていいか】→選ぶ前に決めます。
無かったもの
【ジェニーを使われた場合手札を見せる必要があるか】→見せる必要は無いです。


【複数の手札を1度に捨てる効果をラストルで全部止めれるか】について
複数捨てさせるカードの効果によります。
例【スケルトンバイス】【ロストソウル】の場合
テキストに「2枚選び」「すべて」とあるので1度に複数捨てられるので1体の【ラストル】で全て守れます。
例【クローンバイス】【ソウルアドバンテージ】の場合
テキストに【すべての墓地にある【クローン・バイス】1枚につき、相手の手札から他の1枚を見ないで選んでもよい】【自分のシールド1枚につき相手の手札を1枚見ないで選び】とあるので1枚ずつ複数回捨てられます。つまり全部守りたかったら複数回分の【ラストル】が必要です。これは複数回効果が発生する関係で守るカードを選べます。



以上、聞いてきたことでした。

今回の1番の収穫は「〇枚選び」と「~につき、~」の処理の差がはっきりした事。これは「同じクリーチャーを複数回選べるか」という結構重要な裁定になる。
(;゜Д゜)?

理解できたのは妹だけだと言う・・・

ストーリー

四大公爵家ベザリウス家の次期当主・オズ=ベザリウスは、15歳の成人の儀の最中に身に覚えのない罪によって、闇の監獄・アヴィスへと堕とされる。アヴィ スの中に閉じ込められた彼はそこで「血染めの黒ウサギ(ビーラビット)」と呼ばれるチェインのアリスと出会い、彼女と契約を交わすことでアヴィスから脱出 することに成功するが…。

(以上ウィキペディアより転載)
2aa674b8.jpg

現在「月刊Gファンタジー」で連載中。単行本は12巻まで発売中。

俺はGファンタジーは買ってなかったんで去年の春から放送してたアニメから入ったファンになります。(まあそのアニメもけいおん!の次だからついでに見てただけだったんだが)
ちなみにアニメはおすすめしません!主に1話・2話・25話は絶対見ないでください!!
見るな!!!

といっても音楽は個人的にとても好きなのでOP・ED・BGMはおすすめです。
あとDVD特典はスタッフが暴走して遊んでるので大変面白いです。


舞台と言うか背景とか建物は勝手なイメージでイギリスっぽい(本編では明らかにされてない)
ストーリーの説明は苦手なんでアニメの3話から見てください。
作風は「オズが従者で遊びながら自分の罪と失われたアリスの記憶を探す」って感じ。
遊びながらって書いたけどギャグ4割・シリアス6割って所か、なんにしても面白い。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/09 ジョー]
[05/26 アクアシューター]
[08/12 ううううう]
[07/22 ジョー]
[07/21 road]
最新TB
プロフィール
HN:
ジョー
年齢:
783
性別:
男性
誕生日:
1234/05/06
職業:
((((((((((っ・ω・)っ ブーン
趣味:
(^^)
自己紹介:
vaultでは「urann」の名前で登録しています。

更新は気まぐれ。大会レポは公式大会のみ。
正直だるくて更新が面倒、だが辞めない。そんなブログ。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]