忍者ブログ
初見の方は「カテゴリーについて」から見ていただけるとありがたいです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かなり時間空いちゃったし今回から1枚ずつ紹介していく事にする。そっちの方が1枚1枚の内容も濃くなるし更新間隔も短く出来るからね。


コスト 4  クロスギア
 このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
これをクロスしたクリーチャーは、パワー2000以下のクリーチャーに攻撃またはブロックされない。
このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、パワー2000以下のクリーチャーは攻撃もブロックもできない。

ちょっと長い事が書かれてるけど簡単に言うと「パワー2000以下のクリーチャーは空気になる」って書いてある。
重要なのはクロスされてない時の効果でパワー2000以下のクリーチャーが主力になっているデッキに対して強烈に刺さる。適当にでいいからパワー2000以下のクリーチャーを思い浮かべて欲しい。(青銅の鎧、ジェニー、ミストリエス、クゥリャン・・・)コントロール同士の対決で気づいたら青銅の鎧とかジェニーとかが7体ぐらい並んでボコられて負けた・・・なんて経験は無いだろうか。
まあ正直そんな状況はほとんど無いんだけどこのカードがあればもしそんな状況になりかけても安心できる。メタルとかで破壊されるかも知れないけど破壊されるまでに場をある程度固めておく時間は稼げる。

って言うのはあまり考えなくていい、こうゆう事も出来るって感じで。
本当の役割は「速攻対策」、手元に速攻デッキがあるなら少し見て欲しい。その中の何枚がパワー2000以下だ?大体20枚以上はそうだろう。もちろんそうでないデッキもあるだろうがそれでも10枚ぐらいはあるだろう。
速攻とは読んで字のとおり速攻だ、つまり攻撃する事しか出来ない。多少の小細工は出来るだろうがそれも攻撃の妨げにならない程度、たいしたことは出来はしない。
40枚中約半分ものカードを無力化できるこのカードが速攻に対してどれだけ脅威か、少し考えればよく分かる。当然使われる速攻側としてもこのカードの対策は多少なりともしておきたいものだ。
PR
この前の続き。
一度にたくさん紹介すると疲れるし時間かかるしやる気無くなるしでいいことないから少しずつ書いていこうと思う。
とりあえずタカラトミーがDMのサービスを終了するまでには終わらせるから。

じゃ開始。


不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー
コスト7 クリーチャー エンジェルコマンド パワー9000
シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次のω能力を得る)
ωこのクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
ωこのカードがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンから離れずにとどまる。
W・ブレイカー

まず簡単に除去耐性の話をしようか。当然一番弱いのは耐性無しで、次に「墓地に行くかわりにマナゾーンに~」、「変わりに手札に~」とかあって、これらは耐性というか保険に近い。ちゃんとした耐性って言うと「相手に選ばれない」、「破壊される代わりに~を墓地に」とかで、これらの中で一番強い耐性が「バトルゾーンを離れない」。
ちなみにこのタイプの耐性を持ってるカードは必ず何かしらの条件がある。このカードの場合はシールドフォースだね。他のカードは「呪文限定」とか「相手の場にナイトがいる時」とか「G・V+回数制限」とか結構厳しかったりする。その点このカードは場に出る時のシールドフォースだからどれだけ楽かわかるね。
で、このカードはそのシールドフォースを自分で守れるようにこれまたシールドフォースでブロッカーになれる。シールドフォースブロッカーになれるのがポイントで、元々ブロッカーを持っていた場合少し破壊しやすくなる。だからブロッカーはデメリットになる事があって、シールドフォース中は最強の破壊耐性、シールドフォースがなくなったら余計なものは無くなる。となんか都合がいいことになってる。(まあ光のブロッカーは【ヘブンズゲート】があるからなんとも言えんが)
で少なくとも1ターンの間はまず破壊されないからアタッカーとしてすごく優秀。
いい加減やめておこうか。まあ使うか使われるかすればどれだけ強いかわかる。


光神龍スペル・デル・フィン

コスト9 クリーチャー アポロニアドラゴン パワー6000+
相手は、手札を表向きにしてプレイする。
このクリーチャーのパワーは、相手の手札にある呪文1枚につき+2000される。
相手は、呪文を唱えることができない。
W・ブレイカー

手札を表向きにする効果については結構前に書いたからそれを見てくれ。
まず膨大なコストをどうするかだが、ちゃんと手札キープできてそれなりに長い間戦えるデッキなら結構簡単に溜まる。早めに出したいなら【インフェルノゲート】とか【龍仙ロマネスク】とかを使えば何とかなるはずだ。
パワーが上がる効果のおかげで【威牙の幻ハンゾウ】の効果で破壊されにくい。パワーを上げることは破壊されにくい事に繋がるから一種の破壊耐性ともいえる。(そもそもパワーが高いとバトルで破壊しにくいからね)
相手が呪文を使えないって事は言い換えれば「このカードは呪文の効果を受けない」ともとれるつまり先のパワー上昇効果と合わせてかなり破壊しにくいって事になる。
さらに主要シールドトリガーを見てみると【アクア・サーファー】以外はほとんど呪文。つまり【アクアサーファー】以外のシールドトリガーを無効に出来ると考えていい。
これだけいいことがあっても悪いところがコストの事だけ(まあ致命的だけど)、ようはコストを何とかできるデッキなら採用して損は無いといえる。


光器ペトローバ
コスト5 クリーチャー メカデルソル パワー3500
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、メカ・デル・ソル以外の種族を1つ選ぶ。その種族のクリーチャーのパワーは+4000される。
相手がクリーチャーを選ぶ時、《光器ペトローバ》を選ぶことはできない。

種族デッキ以外だとあんまり見ないけど普通に強いカードだよ。(デッキに入るかは別の話)
コスト論で考えると『コスト5=パワー5000(光文明で+500)』←が基本でここから選べない効果のコストと味方を強化する効果のコストをパワーから引くと『1コスト=1000』で3500にするには2コスト、つまり1つの効果は1コストしか使ってない事になる、何となくお得感が漂ってくる話だね。
味方のパワーを上げることはさっき言ったとおり破壊されにくくする事、さらにこのカード事態が選ばれないから1~2体強化して殴ってたら勝ったってのはたまにあったりする。
つまり種族が何となくまとまってて殴っていくデッキになら入る可能性はある。


(*´-ω-`)・・・フゥ
疲れた。
じゃあ光は終わり。次は水文明。
このブログは「デッキの作り方」とかそんな感じの事を検索して見に来る方が半分ぐらいいるのでとりあえずそういうことかいておけば良いと思った。

って訳で今回紹介するのは「とりあえずデッキに入れておけば強いカード」

つまり

紹介するカードを適当に詰め込めば強いデッキが作れるって話。

ちなみに光文明・水文明・闇文明・火文明・自然文明・レインボー

の順番で紹介していく予定

と言うわけで今回は光文明のカードを紹介

注、俺の独断と偏見で選ぶから「何でこのカードを紹介しない!」とかは基本的に無視する。

んじゃ、始めるよ。


ロジック・キューブ(2弾、10弾、18弾)
コスト 3  呪文
S(シールド)・トリガー(このカードをシールドゾーンから手札に戻すとき、コストを支払わずにすぐに使ってよい。)
自分の山札から呪文を1枚さがして相手に見せ、自分の手札に加える。そのあと、山札をシャッフルする。

簡単な話を言うと+3コストでどんな呪文にもなれるって事だね。
他にはデッキに1枚しか入れてない呪文をほぼ確実に手札に加える事ができる。
つまり【ソウル・アドバンテージ】みたいな殿堂入りした呪文でも好きなときに手札に加えれるって事。


アポカリプス・ディ(14弾)
コスト 6  呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
 バトルゾーンにクリーチャーが6体以上あれば、それをすべて破壊する。

デュエル中守りに入ったときを想像してみてほしい。
大抵の場合相手には2~4体のクリーチャーがいて、こちらにはブロッカーが2~3体
まあ、レギュラークラスとか見てるとよくある光景だな。
大体攻める側は攻撃するために手札を惜しみなく使って勝ちに来る。
対する守るがわはシールドが何枚かブレイクされてるから手札はそこそこある。
ここでこの呪文を使ってみると場が空になって単純に手札が多いほうが有利になる。
相手は手札がなくなってるからたいした事は出来ない。でもこっちは手札があるから色んなことが出来る。
まあここまで言ってわからん奴は実際に使ってみればいいよ。


スーパー・スパーク(25弾など)
コスト 5   呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべてタップする。

攻めにも守りにも使える便利な呪文だ。
攻める時は相手のブロッカーを全て無力化したりこっちの大型クリーチャーで相手の切り札とか消したいクリーチャーを破壊できる。
守るときはシールドトリガーで相手の攻撃を全て止めてくれる。


ペトリアル・フレーム(15弾、DMC26、DMC42)

コスト 3  クロスギア
相手がバトルゾーンのクリーチャーを1体選ぶ時、これをクロスしてあるクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、これをクロスしてあるクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

どうしても破壊されたくないクリーチャーにクロスすれば驚異的な除去耐性を得られる。
他にはシールド攻撃する時に最後に攻撃すればシールドトリガーなどを気にしなくていい。


バリアント・スパーク(15弾、DMC42、DMC43)
コスト 3  呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップする。
メタモーフ(自分のマナゾーンに7枚以上カードがあれば、この呪文は次のω能力を得る)
ωバトルゾーンにある相手のクリーチャーを、1体のかわりにすべてタップする。

とりあえず軽い。とにかく軽い。
メタモーフ後の事はスーパースパークを見てもらうとしてとりあえずメタモーフ前の話をしよう。
1~6マナは大体序盤だから相手のクリーチャーは1~3体ぐらい。序盤から相手が攻撃してきて負けそうになるのは速攻ぐらいだし速攻でもシールドトリガーーで1体止まったら何とかなる場面も結構あるから結構便利な呪文。


粛清者モーリッツ(14弾)
コスト 4  クリーチャー ソルトルーパー パワー 3000
メタモーフ(自分のマナゾーンに7枚以上カードがあれば、このクリーチャーは次のω能力を得る)
ωこのクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

メタモーフしないと話にならないからとりあえず7マナ貯めよう。話はそれからだ。
貯めた?じゃあ話そうか。
基本的な使い方としては自分の場に大型クリーチャーがいる時に出して相手のクリーチャーをタップしてバトルで破壊する。って感じだけど、タップさせる効果を持ってるクリーチャーなんてそんなもんだ。
他のカードと違う所は他のクリーチャーが出た時もタップ出来る事。つまり他のクリーチャーにタップさせる効果を持たせる事が出来るって事。
攻める時は基本的な使い方しておけば良いけど守るときも優秀な働きをしてくれる。だるくなってきたからこれは自分で考えてくれ。それか誰かコメントで書いといて。


天雷の導士アヴァラルド公(28弾)
コスト 3  クリーチャー アークセラフィム/ナイト パワー 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から呪文を好きな数手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に戻す。

呪文が20枚ぐらい入ってるデッキなら大体2枚ぐらいは手札に来るはず。3ターン目に出して次のターンに4マナの呪文を使えれば効果的。4マナのカードも優秀なのが多いからデッキの基盤としては十分優秀。
後半に引いても全く困らないのも高評価。ちなみに加える枚数は0~3枚で選べる。


雷鳴の守護者ミスト・リエス(4弾、DMC27)
コスト 5  クリーチャー ガーディアン パワー 2000
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、他のクリーチャーがバトルゾーンに置かれるたびに、カードを1枚引いてもよい。

今では殿堂入りしてるけど初登場時はアクアンの影に隠れてあまり注目されてなかった。
使い方というかどんなデッキに使われるかというと1~4コストのクリーチャーがたくさん入ってるデッキに入れるとすごく強い。というか1ターン生き残ったら勝てる。
手札が無くてもドローしたカードがクリーチャーだったらすぐ出してまたドローして「あ、クリーチャーだw 出そう」ドロー「またクリーチャーだww 出しとこ」ドロー「やった、またクリーチャーだwww」
って感じに手軽に場が盛り上がる。


光牙忍ハヤブサマル(29弾)
コスト 3  クリーチャー ガーディアン/シノビ パワー3000

ニンジャ・ストライク4
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、次の自分のターンのはじめまで、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体は「ブロッカー」を得る。

ブロッカーの性質上とりあえず1体は止めてくれるパワー3000以下なら単体で処理してくれる。
自分の場に大型クリーチャーがいればいきなり巨大ブロッカーが出現する。ちなみにムゲン・イングマールだと面白い事に。



魔光王機デ・バウラ伯(28弾)
コスト 4  クリーチャー グレートメカオー/ナイト パワー 4000

ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻してもよい。

序盤から呪文を使っていくデッキなら大活躍が見込める後半なら戦況をひっくり返す呪文を回収しつつ使うための時間も稼いでくれる。



駄目だ、疲れた。 orz
続きはまた今度な。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/09 ジョー]
[05/26 アクアシューター]
[08/12 ううううう]
[07/22 ジョー]
[07/21 road]
最新TB
プロフィール
HN:
ジョー
年齢:
782
性別:
男性
誕生日:
1234/05/06
職業:
((((((((((っ・ω・)っ ブーン
趣味:
(^^)
自己紹介:
vaultでは「urann」の名前で登録しています。

更新は気まぐれ。大会レポは公式大会のみ。
正直だるくて更新が面倒、だが辞めない。そんなブログ。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]